HOME > コラム集

コラムその1.バイナリーオプションは午前中が勝ちやすい!?

コラムその1

これは世間一般的に、午前中の時間帯はレンジ相場である事が多いということを意味します。日本は9時~17時まで市場が空いており、翌日の同時刻まで市場は開きません。

なので、市場が閉められた後、投資者が取る行動は、ニューヨークやロンドンといった海外の市場に目を向けて取引を開始することになります。このように、空いた時間を無駄なく効率よく投資に回していき、全体の市場がようやく落ち着きを見せ始めるのが、おおよそ午前6時~8時の時間帯です。

一説では、バイナリーオプションが午前中に勝ちやすいのは都市伝説だと囁かれていますが、市場間の取引が静まるタイミングを見計らった上で導き出された傾向なので、あながち間違いではありません。しかし、通過ペアの組み合わせによって思うような値動きが期待できないこともあるので、国の経済状況などはしっかり把握するのが吉でしょう。

コラムその2.シグナル発信ツールの活用で勝ち率が一気にアップ!!

コラムその2

FXに関する知識が乏しい時は、バイナリーオプションを行っても期待位以上の成果が得られず、悪戦苦闘する投資者が大勢いらっしゃいます。そのような方達が一発逆転を図ろうと、為替レートの値動きを予測した自動売買ツールを利用しがちです。

有名どころの自動売買ツールを挙げると「MT4」があります。しかし、それで全てが上手くいくわけでもなく、逆に損失額が増えたという方が少なからずいらっしゃいます。そのため、自動売買ツールを選んだことに後悔し、自らの手で一からプログラム開発に従事する方もいらっしゃるようです。

ツールの活用が裏目に出ないよう、「シグナル発信ツール」を活用するのがオススメです。これは、仕組みそのものは自動売買ツールと似ていますが、過去のチャートの動き、テクニカル分析、トレンドの予想が丸分かりできる特長があります。金融商品の購入は投資者の判断に委ねられるので、それらの意味から安全性が高いことがいえます。投資は運のみに任せるのではなく、ある程度予測を立てて行うのが面白いのです。

コラムその3.どの通貨ペアを選べばいいの?!

コラムその3

初めて投資する人のほとんどの方が、通貨の種類がたくさんありすぎて、どのペアから始めるのが健全かわからないということです。例えば米ドル/円の通貨ペアであれば、日本とアメリカ間の為替レートの値動きを予想するので、ある程度安心できると思いがちです。

実際、米ドル/円の通貨ペアは為替レートの値動きの変動が小さいので、現在値から大きく価格が下回ることはありません。なので、知識がないうちは米ドル/円の通貨ペアで運用すれば、リスクはほぼありません。そうは言っても1円でも多く稼ぎたいのが投資者の本音でもあります。

バイナリーオプションの通貨ペアがある中で、注目されているのは先ほど挙げた米ドル/円に加え、「ポンド/円」、「ユーロ/ドル」があります。ユーロ/ドルは強いトレンドに乗っかることができ、テクニカルな値動きが特徴で、強いトレンドが出ているときは高いペイアウト率が狙える通貨ペアです。一方ポンド/円は通貨の中では流動性が低く、値動きが激しいことで有名ですが、投機マネーが発生するときはペイアウト率が高くなります。投資にベストな時間帯や値動きの幅、ローソク足の確率などの要素を考えた上で、通貨ペアを選択するようにしましょう。