HOME > 主要通貨の特徴を知る

通貨ペアはどうやって選べばいいの?

どのバイナリーオプション業者でも、メジャーカレンシー(主要通貨)は基本的には取引のペアとしてあります。
では勝率の上がるペアなどはあるのでしょうか?
まだまだバイナリーオプションをはじめたばかりの場合やチャートの情報だけで取引をしている場合であればドル/円だけで十分です。
ドル/円は相場の波が緩やかな特徴があるので初心者にもやさしいペアといえます。

通貨の特徴

米ドル(USD)の特徴

米ドル(USD)の特徴USDは世界の基軸通貨です。そのため投資、需要共に一番取引されている通貨です。
米ドルを取引する場合は、経済指標、金融政策、要人発言に注意しなければいけません。
また「有事のドル買い」という言葉があり、戦争・紛争・テロなどが起きた時に世界の基軸通貨であるドルが一番安全とみなされていました。
また、この様な有事の際は円やユーロにも影響が出る場合があります。

円(JPY)の特徴

円(JPY)の特徴皆さんご存知の日本円です。
世界でも流通量が多く、有事の際にも買われる通貨の一つです。
過去にニュージーランドで起こった地震の時はニュージーランドドルは売られました、
しかし、その後起こった東日本大震災の時は逆に日本円が買われました。
これは、日本が23年連続の世界一の債権国であるため。
翌月曜日に株価暴落→日本のリスク許容度低下→海外の資金を手元に置いておきたい心理→円買いの思惑先行で円買いという動きがありました。

通常は株価が上がれば他国は自国の通貨を買いますが、
円だけは日本株が上がると円が売られる、という現象が起きます。

ユーロ(EUR)の特徴

ユーロ(EUR)の特徴そもそもユーロは米ドルに対抗する為に生まれた通貨で、現在では2番目に取引の多い通貨です。
1国だけの通貨ではない為様々な要因に左右されています。
ユーロ市場に参加する場合はユーロの経済指標、ドイツの経済指標、フランスの経済指標他にもECBの政策金利発表、その後の総裁の会見などにも注目が必要です。

ポンド(GBP)の特徴

ポンド(GBP)の特徴米ドルが世界基軸通貨となる前はポンドが基軸通貨であった為、英国はEU加盟国ながらもユーロを使わずに今でも自国通貨を利用しています。

またポンドの特徴は取引単位が大きいため変動率は同じでも変動幅が倍以上になり、「値動きが激しい」や「じゃじゃ馬ポンド」などと呼ばれたりします。

フラン(CHF)の特徴

フラン(CHF)の特徴スイスフランは他の主要通貨よりも金利水準が低い傾向にあり、永世中立国としての機能をかわれ、ユーロの政治・経済等に為替市場は影響を受けますが、あまり価値の変動もなく安全資産として認識されています。
他にもユーロが売られることにより、スイスフランに買いが走り、リスク回避される傾向があります。
しかし本来の安全資産という位置付けからあまり値動きも無いので、取引通貨として人気はありません。

上記以外の通貨はマイナーカレンシーという区分に別れ制度面や信用面で問題が発生する可能性もあり、十分に注意が必要である。
中でも、豪ドルとニュージーランドドルは高金利通貨として日本では人気のある通貨で、その二つを一括りにまとめて「オセアニア通貨」といわれる事も多いです。