HOME > 相場について知る

相場の種類は3種類

相場について知る

上図の相場の動きを見ていただければ、上昇傾向にある時間帯、下降傾向にある時間帯、そしてある程度の幅を超えない程度で上下を繰り返している時間帯があります。
この様に上下の波が穏やかな時間帯を「レンジ相場」または「ボックス相場」といい、逆に上下に伸びている時間帯を「トレンド相場」といい。バイナリーオプションをする上で買い方が変わってきます。

レンジ相場での買い方

レンジ相場での買い方レンジ相場の特徴は一定の狭い幅を上下しています。その場合のバイナリーオプションの買い方は、「HGH」か「LOW」の選択で「HGH」を選択した状態で急激に下がった瞬間を狙うという買い方があります。
右図のまるで囲んだ瞬間などを狙って「HGH」を選択する事で勝率が上がります。
レンジ相場の場合はこういった買い方が出来ます。

しかし、タイミングがずれる場合があるのである程度の経験が必要になります。
予想しやすいタイミングで買う事が必要です。
この様な買い方をすればバイナリーオプションが50%の勝負だけではない事がおわかりになるかと思います。

トレンド相場での買い方

トレンド相場での買い方購入対象の金融商品の為替レートが、数時間後に上がるか下がるかを予想する単純な取引なので、誰でも簡単に行えます。また、利益と損失で分けた為替レートがあらかじめ表示されるので、FXのように損切りのタイミングを逃す心配はありません。