HOME > バイナリーオプションの戦略を知る

バイナリーオプションの取引方法

バイナリーオプションにおける取引方法は、全部で3種類あります。一般的に、購入者が選択されている取引方法は「ハイアンドロー型」がほとんどです。その他にも、判定時刻の動きを見て予測する「レンジ型」や、レートが目標値に最低1回はタッチする「ワンタッチオプション型」があります。それぞれの取引方法でレートの動きが異なるので、戦略的に使い分けていくことが投資成功のカギとなります。

ハイアンドロー型

ハイアンドロー型は、文字通り為替レートが基準レートよりも高いか低いか予想する投資法です。バイナリーオプションの取引の中で最もルールがわかりやすい方法で、初めての方でもすぐにルールを理解することができます。途中経過は関係ないので、判定時刻終了時に高いor低いに達した時点で結果が出ます。

レンジ型

レンジ型は、為替レートが判定時刻までに、ある一定の水準を設けた基準レートの範囲内に収まっているか予想する投資法です。一般的に、向こう数日間は現在値が大きく変動する可能性がないと判断したときに選択します。また、投資対象の商品の動きが鈍い時、相場の流れを示す「トレンド」が強くないことを表しています。

ワンタッチオプション型

ワンタッチオプション型は、為替レートが目標レートに少なくとも1回は達しているか予想する投資法です。判定時刻内の間に目標レートに何度達してもOKですが、得られる利益額も同時に増えていくというわけではありません。ただし、取引時間はハイアンドロー型と比べて長く、平均で1~2時間程度となっています。また、ペイアウト率は高めに設定されているのが特徴です。

取引開始時の主なフロー

バイナリーオプションで購入対象の通貨ペアを選択したら、取引開始時刻の設定、購入したいチケットを選択して取引を開始させます。投資先の商品によって、取引の結果が出るまでの判定時刻に差異があります。判定時刻終了後、その場で結果が判明されます。見事条件に達していれば、支払い時刻に利益を掛け合わせた金額が投資者のもとへ払い戻されます。しかし条件に達しなかった場合は、チケット選択時の金額分だけロスしてしまいます。バイナリーオプションの取引成功のキーは、本人の投資法にかかってくるので、リスクヘッジを考えて計画的に行うことをオススメします。

取引成功に導く方法

バイナリーオプションで大金を得るためには、投資者自ら入念な投資戦略を練らなければなりません。為替相場は一定の条件下で動くものではありません。今日、多くの国々と通貨による取引が行われているわけですから、市場の動きは常にチェックしなければなりません。何も考え込まずに投資しても思うような収益は得られません。過去から現在までのチャートの動き、および政治・経済情勢を鑑みて実践することこそ、バイナリーオプション成功のポイントになります。そこで、初めての方にぜひマスターしておきたい、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の投資戦略について紹介します。

テクニカル分析

テクニカル分析は、チャート上の過去の時点の為替レートから、将来時点の為替レートまでどのように相場が変化していくか分析する手法です。この手法は、多くの投資家達から独自性の高い様々な手法が編み出されていますが、投資家達が最も好んで利用している手法が、「移動平均線」です。この移動平均線にも様々な種類に分かれていますが、基礎的な考えに基づかれているのが「ローソク足」と「ライン足」の2つの手法です。ローソク足は為替レートの上昇・下降に応じて、上下にヒゲの出た長方形で表します。相場の予想を読み解くには非常に優れた考え方ですが、初心者の方には馴染みにくい手法です。この手法を簡易的に表したのがライン足があるので、2つの手法と照らし合わせながら見ていくと、チャートの動きがある程度予測することができます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、政治・経済を中心とした様々な情報が展開された時、為替レートにどのように影響していくか分析する手法です。例えば、景気状態、雇用情勢、重要人物と指定される要人の発言内容などが相場に流れ込んだとき、良い・悪いニュースに関係なく2国間の通貨の需給体制に影響を及ぼします。例えば日本とアメリカを通貨ペアとしたとき、「円安ドル高」、「円高ドル安」という風に、2国間の通貨価値に影響を与えられるということです。テレビや新聞でこのような表現を口にしているのをご存知かもしれません。ですから、バイナリーオプションにおいては為替相場を分析する以上に、各国の情勢にアンテナを貼ることが特に重要です。