HOME > 話題のバイナリーオプションを知る

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、株式、債権といった金融商品が、購入してから一定時間後に価格が上がる(High)か下がる(Low)か二者択一で予想する、シンプルな投資法です。バイナリーオプションの名前の由来ですが、「バイナリー(binary)」が"二進法"という意味を表し、0か1の2つの数字があります。これに似た話で、トランプの「ハイアンドロー」というゲームがあります。例えば場に5のカードが出ていて、次にめくるカードが5より大きいか小さいか予想する単純なゲームです。

このゲームの主役であるカードを単純に為替レートに置き換えたのが、バイナリーオプションです。例えばドル円相場を考えたとき、現在のレートが1ドル=108円と仮定します。ここから3時間後の為替相場が1ドル=108円よりも円高(円の価値が高くなった)か円安(円の価値が低くなった)のどちらかを選択し、取引を成立させるということです。

バイナリーオプションの主なメリットは?

初心者にわかりやすく誰でも簡単に始めることができる人気投資法:バイナリーオプション。その投資法を利用者が行う上で、メリットになりうる要素は一体何なのか紹介したいと思います。

1.少額から取引が可能である

バイナリーオプションの最大のメリットは少額から取引ができるということです。業者によって最低取引学は異なりますが、大体相場は数百円台のところがほとんどとなっています。ワンコインで気軽にはじめることができるので、学生の方はもちろん、専業主婦の方に大人気です。

2.為替取引のルールがシンプルでわかりやすい

購入対象の金融商品の為替レートが、数時間後に上がるか下がるかを予想する単純な取引なので、誰でも簡単に行えます。また、利益と損失で分けた為替レートがあらかじめ表示されるので、FXのように損切りのタイミングを逃す心配はありません。

3.取引を成立させてから結果が出るまでの時間が早い

基本的に、取引は長くかかっても24時間以内で決済が完了しています。国内の業者でみると、数分、または数十分のところがほとんどです。長い時間待つ必要がないため、ストレスなく取引を成立させることができます。

4.投資額以上の金額が損出することはない

バイナリーオプションは、取引開始時に利益と損失の最高額が決定します。相場がどんなに乱高下となっていても、損出発生時に掛け金以上の金額が消失しないため、リスクは極めて限定的となっています。

5.取引時に手数料は発生しない

あくまでもバイナリーオプションは金融商品を購入するのではなく、金融商品の為替レートが上がるor下がるかを予想するだけなので、金融商品を直接購入しないので手数料(スプレッド)は発生しないという考え方になります。

FXとの大きな違いは?

バイナリーオプションを始められる方のほとんどが、FXと何が違うかということです。FXもバイナリーオプションも、どちらもドル/円、ポンド/円といった通貨ペアが共通となっていますが、一言で違いをまとめると、投資対象の商品を購入するのが「FX」、商品は購入せず、為替レートの変動を予想するのが「バイナリーオプション」という振り分けになります。また、取引時のルールや投資額、リスクの大きさなどに大きな違いがあります。

項目一覧 FX バイナリーオプション
取引のルール 取引の方法はたくさんあり、仕組みが複雑。 基準となるレートが上がるか下がるか予想する2択式が主流。
証拠金 一般的に1万通貨取引なら、4~10万円が必要。 50円、100円、500円など、ワンコインの掛け金でOK。(業者により異なる)
リスクの度合い 報酬は高いが、失敗した時の損失額も高いため、リスクは極めて高い。 取引に失敗しても、掛け金以上の投資資金が損失することはないため、圧倒的にリスクは小さい。
通貨ペア 業者により異なるが、大体10~50程度が一般的。 国内の業者を平均すると、ほとんどが3~6ペア。
手数料 売買手数料、口座維持手数料の他、売買スプレッドという手数料が存在する。 取引時にかかる手数料は一切かからない。買った場合のみ、スプレッドの一部を業者の取り分にする。
景気の影響 景気状態によって、利益・損失額が決定される。 好況・不況にかかわらず、為替レートの変動を受けない。

FXはバイナリーオプションより利益額が大きいですが、取引に失敗した損失額も大きくなります。さらに、景気の影響を受けて為替レートの現在値が左右されるので、一定額以上の収益が期待できる分、リスクは高く付きます。一方、バイナリーオプションは1回の取引の報酬分は少ないものの、リスクは圧倒的に小さいので、安全面を優先し、コツコツと稼ぐ方におすすめな投資法であることが言えます。より多くの利益を得るためには、業者が設定している「ペイアウト率」に着目するようにしましょう。の為替相場が1ドル=108円よりも円高(円の価値が高くなった)か円安(円の価値が低くなった)のどちらかを選択し、取引を成立させるということです。