HOME > チャートの見かたを知ろう

ローソク足チャートとは?

ローソク足チャートとは?

ローソク足チャートとは、相場の値動きを時系列に沿って図に表したもので、 時間によって区切られたローソク足とよばれるものは始値・終値・高値・安値の4つから成り立ち

このローソク足の動きで過去の値動きを知る事ができます。

値動きのパターンを詳しく理解する事で、これから起こりうる値動きを予想する事が出来ます。

ローソク足チャートが見れるようになろう。

ローソク足の見かた。

ローソク足の見かた。

ローソク足は図のように白と黒の二色のものがあり、胴体の部分は始値と終値を現し、白いローソクは始値よりも終値の方が高い陽線、逆に黒いローソクは始値の方が終値よりも高い陰線といいます。

上下に伸びたロウソクの芯のようなものはヒゲと呼び、上に伸びたひげはその時間帯の高値を表し、下に伸びたヒゲはその時間帯の安値を表しています。

上昇、下降トレンドの傾向。

上昇、下降トレンドの傾向。

左図の様に白いローソクの陽線が多い場合は上昇傾向にあり、逆に黒い陰線が多い場合は下降傾向のトレンドにあると言えます、

陽線が多ければ多いほど安定して上昇傾向にあり、予想も簡単に行えます、しかし図を見てもおわかりのように、上昇傾向の中にもしばしば陰線が現れる事があるので注意が必要です。

ヒゲや本体の長さからトレンドの流れを予測しよう。

上昇(下降)の勢いが強い

ローソク足の見かた。

上下に伸びるヒゲがある場合は陽線の場合は上昇傾向が強くあり、陰線の場合は下降傾向が強い

陽線・陰線共に基本となる形。

上昇(下降)の勢いがかなり強い。

上昇、下降トレンドの傾向。

陽線の場合は下ヒゲしかない時は下降する力よりも上昇しようとする勢いがかなり強く現れ、この様な形になる、逆に陰線の場合は上ヒゲがない時に下降傾向がかなり強くなって現れる。

上昇(下降)の勢いがやや強い

上昇(下降)の勢いがやや強い

陽線の場合上ヒゲしかない場合は下降よりもわずかに上昇が上回った状態であり、まだ上昇トレンドではあるが勢いがそれほど強くない場合にある。

逆に陰線の場合は下ヒゲだけ伸びている時は、まだ下降トレンドにあるが、上昇の勢いがわずかに劣っている場合に現れます。

上昇傾向にあり

上昇傾向にあり

陽線、陰線共に下に伸びるヒゲが長く伸びている場合下降トレンドを押し戻すだけの上昇トレンドの勢いがある為この様な形で現れます、陽線の場合は上昇トレンドへの転換期などに、陰線の場合は下降トレンドから上昇トレンドへの転換期、又は上昇トレンド中に現れた場合は下降トレンドへの転換などの場合にも現れる。

下降傾向を暗示

下降傾向を暗示

こちらも陽線、陰線共に上に伸びるヒゲが長く伸びた状態の場合、上昇傾向よりも下降方向への勢いが強いためこの様なローソク足が現れる、

陽線の場合は高値圏にこの形のローソク足が出ると下降を暗示している、

陰線の場合は本体の大きさが大きくなればなるほど、下降傾向にあり、本体が小さくなるほど上昇への転換期に現れる傾向がある。