HOME > チャートの見かたを知ろう2

特長をつかんで勝率アップ

ローソク足チャートにはいくつかの特徴があり、その特徴を知っておくと先読みの難しい投資初心者にもこれから先の値動きの予想立てが出来るようになってきます。必ずそう動くという訳ではないのですが、二者択一のバイナリーオプションではかなり心強い指標になるでしょう。

ローソク足の主な特徴

黒三兵

ローソク足の組み合わせで同じような形の陰線が3本並んでいる状態。
この黒三兵が高値圏で出現した場合は下降トレンドが始まる傾向が強く
相場参加者の心理としては、買い手側は上値の限界を感じ始め、売り手側の心理としてはチャンスが始まった事を考えます。

赤三兵

先ほどの黒三兵と同じで同じような陽線が3本並んでいる状態。
これは上昇トレンドになる傾向が強いですが、高値圏で出現した場合は
上がる勢いが鈍い傾向にあります。
もしくは上がり値の天井が近い事を暗示しています。

包み線

直前の陰線(又は陽線)とは逆の陽線(又は陰線)が前のローソク足の値幅を完全に包むほどの大陽線、又は大陰線のローソク足の組み合わせを指し、
これは今までの勢いを払拭するほどの切り替えを意味しており、トレンド変換したと考えれます。

寄引同時線(よりひけどうじせん)

始値と終値が同じローソク足で値動きこの寄引同時線も転換期に現れるローソク足で、高値圏の時は下降トレンドへ、安値圏の時は上昇トレンドへ転換する傾向が強いです。がない形をいい、
十字の形をしているところから「十字架」または「十字線」と呼ばれることもあります。